スポンサーリンク

【軽減化率】【消費税10%】の対策 ”マクドナルド”『利用客へのわかりやすさ』を重視 の価格統一

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、kintaです。

軽減化率の適用の食品(持ち帰りと)店内飲食への対応について

マクドナルドが 「わかりやすさ」 を重視して価格の統一を発表しましね。

ファーストフードだと、その場で食べる方のほうが多い印象ですが、私から見ると、持ち帰りのほうが販売の方の負担のほうが大きいようにみえます。(包んだりね)

マックはよく利用するので、価格統一のわかりやすさはうれしいです。

値上げはどうですかね?

マクドナルド 増税後、店内飲食と持ち帰りの価格統一

 日本マクドナルドは10日、10月1日の消費税率引き上げに伴い、店内飲食と持ち帰りで税込み価格を統一すると発表した。利用客のわかりやすさを重視した。増税前に比べ、7割の商品で税込み価格を据え置き、ハンバーガーやチーズバーガーなど3割の商品は10円値上げする。

 消費増税に伴い店内飲食には10%の税率がかかる一方、食料品購入の扱いとなる商品の持ち帰りには8%の軽減税率が適用される。マクドナルドは、税抜きの本体価格で、持ち帰りよりも店内飲食を安く設定し、消費税分を加えた税込み価格をそろえる。

マクドナルドの公式ホームページより

気になる値上げは?

今回の消費増税・軽減税率制度の導入に伴い、価格はどうなる?

消費増税・軽減税率の実施後も、店内ご飲食・お持ち帰り(ドライブスルー含む)で同一価格とし、また引き続き10円単位の価格とさせていただきます。これにともない、セットメニューを含む全品目の価格の見直しを行います。「ハンバーガー」「チーズバーガー」など全体の約3割の品目では税込価格を10円引き上げさせていただき 、定番メニュー「ビッグマック」「チキンマックナゲット 5ピース」「プレミアムローストコーヒーSサイズ」「おてごろマック」、お得なセットメニュー「¥500バリューセット」「バリューランチ」各種「夜マック」など全体の約7割の品目では、店内ご飲食における税抜価格を見直すことで2019年10月以降も増税前の税込価格から変わりません。

マクドナルドHPより

※表記は税込み価格です。
※お問い合わせは、お客様サービス室(0120-010-916) まで (受付時間9:00~17:00)

他の外食チェーンも気になるところ

 外食大手は軽減税率を巡って対応が現段階ではわかれており、

牛丼チェーン大手のすき家や松屋、ケンタッキー・フライド・チキンはマクドナルドと同様に店内飲食と持ち帰りで価格をそろえる方向

吉野家やモスバーガー、スターバックスコーヒーは価格を別々にする方向

とのこと。

各店の正式発表ラッシュになりそうですね。

まとめ

外食チェーンでテイクアウトがあるところは、これからの動きが気になりますね。

お子様や主婦の利用や会社員などが、気軽にたべられるマックについて

顧客が「わかりやすく」はうれしいところです。

※こちらのページも参考に!

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました