スポンサーリンク

”GoToキャンペーン”は結局は進める、”経済活動”の活性を一番に考える?

ウイルス
この記事は約3分で読めます。

こんな非常時時でも、「GoToキャンペーン」
結局は進めていくようです。

NHK出演と記者会見にて(7月12日)
西村経済再生担当相が語ってます。

スポンサーリンク

ニュース記事

西村康稔経済再生担当相は12日午前にNHK番組への出演と記者会見を行い、
新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた地方などの需要喚起策として
政府が行う「Go Toキャンペーン」について、
首都圏で感染拡大が起きている現状を踏まえて
「注意しながら進めていかなければならない」と語った。

また、九州を中心とした豪雨被害なども念頭に、週内に取りまとめる経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)では、国土強靭(きょうじん)化や減災・防災を大きな柱の1つに位置付ける考えを表明した。

「Go Toキャンペーン」は宿泊代金の割引など一部が22日からスタートする。西村氏は同キャンペーンの実施にあたり、感染拡大防止とともに、豪雨被害の被災地への配慮も「十分に頭に置きながら進めていかなければならない」と語った。

Bloomberg

それどころでは・・・ない気がしますが。

スポンサーリンク

東京都の状況

東京都では11日、新たに206人の感染者が確認され、
3日連続の200人超えとなるなど感染者が増加傾向にある最中。

東京での感染拡大が神奈川、千葉、埼玉の周辺の3県に影響を与えているのは
事実と述べるとともに、感染経路不明者の割合が増えていることなども踏まえ、
「非常に警戒すべき状況だ」と西村経済再生担当相は語っています。

スポンサーリンク

Gotoキャンペーンとは

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光需要を喚起するため
政府が実施する「Go To キャンペーン」7/22から一部がスタートします。

 

「Go To キャンペーン」では国内旅行を対象に、
宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額が支援されます。


※一人一泊あたり2万円が上限
(日帰り旅行については1万円が上限、連泊制限や利用回数の制限なし)

1/2相当額の支援額の内、
①7割は旅行代金の割引き、
②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与される。

■こちらも参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

まだ時期が早いのではないかと思いますが・・・

結局は、自分を守るのは自分だけ。

緊急事態宣言の時期が無駄にならないことを願います。

東京都を中心に新たな感染者数が増加傾向にある中での国内移動の活発化は、
全国的に感染拡大が広がる懸念があるが、

「感染防止と経済・社会活動を両立させる段階にある」とし、
「体調が悪い人、違和感がある人はそもそも外出や県を
またぐ移動は控えてほしい」と要請。

交通機関や受け入れ側のホテルなどに対して感染防止策の徹底を呼び掛けた。

感染予防徹底して

外出しましょう。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました