スポンサーリンク

春のセンバツ高校野球(第92回甲子園)断腸の思いで中止へ

この記事は約2分で読めます。

第92回選抜高校野球(19日開幕、甲子園)の開催可否を決める臨時運営委員会が11日、大阪市内で行われセンバツ史上初の大会中止が決定した。午後6時から会見し、大会会長の丸山昌宏毎日新聞社代表取締役社長が「考え得る限りの防止策い環境を担保できない。選手の心情を考えると断腸の思いだ」などと厳しい表情で話した。

日刊スポーツ

第92回選抜高校野球大会(2020年春の甲子園大会)が
「無観客」で実施が優先で動いてます。

日本高野連は4日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、
3月19日開幕の選抜高校野球大会(13日間、甲子園)の
運営委員会と臨時理事会を大阪市内で開き、無観客開催で準備し、
11日の臨時運営委員会で開催可否の最終判断を下すと発表した。


通常開催は断念、甲子園大会が無観客となれば史上初となるらしい。

開催可否も含め、どうなるかは
11日に決まる。

イメージ

高校野球 春の選抜の甲子園での試合は、
今や風物詩でもある。


選手も、応援も、すべてが
理由が理由だけに複雑な心境だろう。

高校の全国スポーツ大会、野球以外は3月はすべて中止

全国高等学校体育連盟の加盟団体 の3月実施分は、 新型コロナウイルス感染拡大を受け
テニス、ソフトボール、バドミントンなどは開催を見送っている

また、

野球については、 全国高等学校体育連盟の加盟団体 ではないが

19日から無観客での大会を行う可能性があるが、11日にこちらは決まる予定。

まとめ

3/11やはり、
中止決定となりました。

無観客でも試合を行う選手のことも考え
こうなったら、結論をだしてほしいですね。

春の甲子園出場のために
一生懸命練習をしてきた選手のことを考えると
賛否はいろいろではあると思うが
敵はまだ未知のウィルスだってこと
考えないといけないですね。

この春の高校野球の結論は
11日になる予定です。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました