スポンサーリンク

感染拡大COVI-19!このままではまずい!日本人の生活と常識が問題なのか?

この記事は約6分で読めます。

新型肺炎COVI-19の感染拡大がいよいよ本格的になってきてます。
オリンピックの開催も2021になりました。

現在、日本の感染者が、急増しており、
その勢いは止まりません。

新型コロナウィスル肺炎感染者数の推移

各地・各団体で広まっているのが、国内での行事やイベントなどの「自粛」や「キャンセル」。

そして、今の日本に来る外国人観光客は少なくなっています。

こんな中、どうして日本での感染が急激に増えているのでしょうか?

日本で感染者が急増する理由

それは、

日本の生活スタイルや常識が感染を拡大させる要因があるようです。

ウィルスは人から人へとうつります。

新型コロナウィスルの感力は強力です。

それを前提にその理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

理由①病院への通院

病院は、病気の元だらけということを考えなくてはいけませんね。
病気の人が集まる場所なのだから、
病原菌の巣であることをもう少し考えるて通院しないといけなくなります。

インフルエンザ以上に今回の新型コロナウィスル肺炎の感染力は強力であり
それに対する薬もない状態です。

ワクチンができるのは、早くても6月終わりになると予想されます。

そして、

感染者が今以上に増えた場合、
軽度の症状で病院へ行き受診することは、他人にウィルスを移したり、
逆にただの風邪だった状態からウィルスを移されたりする危険性を伴うことになりますよね。

院内感染はもちろんですが、医療関係者も今回のウィスルは感染をしてしまいます。

受診するタイミングを誤れば、
病院は「病を治す」ところから、「ウィルスをもらいに行ってしまう」
ところへと様変わりをすることになります。

抵抗力の低い、子供や高齢者は重症となる可能性も高くなるというわけです。

この状況下、もし熱などの症状が出た場合は、
すぐに病院に行くのではなく、
ガイドラインに沿って電話相談からすることを勧めます。

電話相談窓口
・厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
都道府県・保健所等による電話相談窓口

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと
○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安
○ 以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談く ださい。 ・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 ) ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
○ なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場 合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。 ・ 高齢者 ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受 けている方

免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国 者・接触者相談センターに御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウ イルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。
○ なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多 い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、か かりつけ医等に御相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い
○ 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してく ださい。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット (咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、 口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

厚労省HP

理由②臨機応変に対応が出来ない外見重視の考え

マスクは現在、本当に買うことが困難。
ネットでも通常価格で購入が出来ない状態となっている。
そんな中で、マスクの色にこだわるところがいまだにあること。

マスクが高い!入手困難!

不特定多数の客と接する店員やスタッフのために
「マスク装着にご理解ください」なる断りの掲示板が貼られたり、
「マスクの色は白以外着用禁止」とする教育機関や団体が存在することに鑑みると、
こうなっても
「予防」より「見た目」が大事なのかと思わずにはいられない。

マスクを買うことが困難な今、色にこだわる場合ではないかと・・・。

理由③熱があっても会社を休めない風潮

「病気をしても休まない働き方」はどうなんだろうか?
休むことは自分のためではなく、
周囲に病気を移さないための最良の方法だという認識の薄さはいまだにありますよね。
熱があっても、病気であっても出勤することが「美徳」と考える感覚は
間違っている!と思います。
特に、上司がそういう考えであったら最悪です。

本人はつらく休みたいのに、
休めない?なんていうことは、決して起きてほしくないですね。

部下を持つ立場であれば、休ませる働きをするのが正であるようになってほしい。

政府はこのほど「風邪症状なら学校・会社休んで」と呼びかけたが、
仕事は休めないのが日本の“働き方”の現状なのだろうか?

成果よりも「皆勤」や「協調性」を重んじる精神は、今や古いと思いますが。

会社は自分がいなくてもどうにかなるということを意識して
体調が少しでも悪いと思えば周囲の人のためにも念のため休みをとるようにするべきだと思います。

東京都では、「テレワーク推進」も行ってましたが
病気あれば、家でだって仕事は難しいと思いますので、
病気の際はゆっくりと「休息」をしてほしいと思います。

早めに休むことはこの時世、当たり前のことであるということを認識してくださいね。

■こんなニュースがあります。

鉄道客に時差出勤呼び掛け 国交省、全国の駅で
国土交通省は25日、新型コロナウイルス感染防止に向け、全国の鉄道事業者を通じ、利用客に在宅勤務などの「テレワーク」や時差出勤の呼び掛けを放送で始めた。マスク着用などの「せきエチケット」や手洗いへの協力も訴える。
赤羽一嘉国交相は記者会見で「混雑緩和による感染拡大防止の観点から重要な取り組みだ」と強調した。
国交省でも当面、本省職員の半分程度を対象に時差出勤を実施。出勤時間について、2時間の繰り上げと1時間の繰り下げを取り入れる。

共同通信

このまま感染者が増加すると
5か月後、東京オリンピックの開催はどうなるのか気になるところ・・・・

■東京オリンピック2020がなくなる可能性についてはこちらも参考に!

■新型コロナウィルス肺炎の感染についてはこちらも参考にしてください。

まとめ

新コロナウィスル肺炎の感染拡大の理由をまとめました。

人から人に感染することをまず、忘れないでくださいね。

感染拡大の理由は日本人の生活スタイルや常識による行動も大きな要因が
おわかりになりましたでしょうか?
また、
ワクチンや薬がない現状、この感染力の勢いが続くと
どうなるのでしょうか?
東京オリンピックの行方も気になります。
一人一人のうつらないための心構えと
病気になった時の対応が感染力を減少させることにもつながります。
折角の東京開催ですので、コロナの感染が落ち着くよう
小さな単位でも心掛けていきましょう。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました