「食品」にも影響か?大豆、小麦製品が買えなくなる?

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

紙不足、マスク不足が続いている中、
感染拡大の勢いは止まらず、
EU諸国の閉鎖も始まりました。

2020年3月17日に行われた
参院予算委員会において、 江藤拓農林水産相 は

日本の食糧自給率の低さから、
今後、小麦粉、大豆などの輸入品においては
深刻な事態を想定しないとならないと述べています。

食料確保の深刻な事態の記事

出典:産経新聞

  藤農水相、食糧確保「深刻な事態も想定」

江藤拓農林水産相は17日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により日本の食糧確保が難しくなる可能性について「今のところ、海外からの輸入が滞っていることはない」と否定した。日本の食料自給率が37%と低水準であることを踏まえ、「深刻な事態も想定しなければならない」とも述べた。

江藤氏は「欧州で国境封鎖はあっても物流は止まっていない」と説明した。そのうえで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって生産現場で収穫する人や、運搬や輸送を行う人がいなくなる可能性に言及した。

産経新聞2020.03.17

小麦と大豆の輸入ストップ

買えなくなる食品としては
■小麦粉を使用した商品
パン、パスタ、うどん、インスタント等の麺類や
 菓子類等

■大豆製品
 豆腐、納豆、大豆加工食品等

こういった食品の減少が続くと、
主食となる米不足への可能性が出てくることになります。
今の紙不足も踏まえ、流通が追い付かないことや
大量に購入する人が現れると
深刻な食料品の不足が予想が出来ます。

国の備蓄について

江藤氏は、
米が政府備蓄米と民間在庫を合わせて
日本国民の消費量の6・2カ月分、食料小麦が2・3カ月分、
大豆が民間在庫で1カ月分あることを説明し
今後、「輸入先を変えなければならない事態も考えられる」と説明しているそうですが、
変更する輸入先がない状態が続くことになります。

スポンサーリンク

予想される品薄になる食品は何?

輸入に頼って原料となっているものすべてへの影響と
それに替わる食品への影響がでてくると予想がされます。

パン、米、乾麺(パスタ、うどん、そば)、味噌、納豆、豆腐、
そして、それに影響され、水、卵などにも
流通が追い付かず、手に入らなくなる可能性があります。

そうなることを念頭に入れ、
多少の家庭での備蓄は必要です。

今、まだ購入が出来るうちに

お米、乾麺、調味料、水等、生活に必要な最低のものは
2週間分~1か月はいつもキープしておくといいかもしれません。

重いものは、通販を利用すると便利です。

通販で購入が可能な食品

■お米

■パスタ

 

バリラ No.5(1.7mm) スパゲッティ 業務用(5kg)【rank】【バリラ(Barilla)】
価格:1780円(税込、送料別) (2020/3/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入

■水

 

クリスタルガイザー 水(500ml*48本入)【rdkai_04】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】
価格:2280円(税込、送料別) (2020/3/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入

まとめ

新型コロナウィルスの影響がどこまで生活に響くか
予想が出来ない状況です。
外出もままらない現状、
今後のために、多少の食品の備蓄も
しておく必要はあると思います。

重いものは、通販が利用できるうちに
利用すると便利です。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました