スポンサーリンク

【気になるニュース】台風19号が接近中 12日-13日関東にも大きな影響 千葉県が心配 早めの非難を!

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、kintaです。

台風19号が関東に12日-13日接近する予定です。台風15号の爪痕がまだ残っている現時点、19号によりさらなる被害が出る可能性があります。

12日~13日は、可能な限り外出を避け、早めの非難を!!!!

神奈川・千葉の沿岸部 まもなく台風19号の暴風域
        2019/10/12 11:39 時点の情報

Japan Weather Association 提供

きょう12日午前11時現在、東海地方が台風19号の暴風域に入っているとみられ、神奈川県や千葉県の沿岸部もまもなく暴風域に入ります。

近畿の一部や東海が暴風域に

きょう12日、大型で非常に強い台風19号は、午前11時には八丈島の西南西にあって、1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいます。近畿地方の一部と東海地方が風速25メートル以上の暴風域に入っているとみられ、神奈川県や千葉県の沿岸部もまもなく暴風域に入ります。

東海、関東甲信で予想される最大風速は45メートル、瞬間的には60メートルと、電柱や街灯で倒れるものがあるほどです。強い風で飛ばされた物が当たって窓ガラスが割れることも考えられます。
なお、台風はこのあとも北上を続け、きょう夕方から夜に静岡県または関東地方に上陸する見通しです。暴風や大雨、高波、高潮に厳重警戒し、最新の台風情報をこまめに確認してください。

tenki jp

早めの非難と対策を!

台風への備えは今日の10日うちに

今日10日は、秋晴れの所が多いため、飛ばされやすいものは、穏やかな天気の今日のうちに建物の中にしまうと安心です。また、道路上に落ち葉などが見られるようになってきているため、道路や側溝付近には葉っぱが溜まり始めている箇所があります。排水が追い付かなくなると、道路上に水があふれたりして危険を招く可能性があります。側溝の掃除なども、今日の内に行っておくと良いて備えてください。雨戸の状態の確認も早めに行うようにしてみてください。

本日時点での台風情報をピックアップしましので参考にしてください。

台風19号が接近中  2019年10月10日11時時点

台風19号は日本の南の海上を比較的遅い速度で北上しています。台風は、このあとも北上を続け、近畿地方には12日(土)に非常に強い勢力で近づく見込みです。
●あす11日(金)は台風の影響が次第に強まる
きょう10日(木)は高気圧に覆われて大体晴れますが、夕方以降は台風の外側を取り巻く湿った空気が流れ込むため雲が多くなるでしょう。あす11日(金)は暖かく湿った空気がさらに流れ込みやすくなるため、雲の多い天気が続き、夜には雨雲が届きはじめる見込みです。台風の影響による雨はあすの夜からですが、風の影響はそれよりも早く出てくるでしょう。
●ウネリはすでに到達、風の影響はあす11日(金)昼ごろから
台風19号の周辺では、広い範囲で非常に強い風が吹いています。近畿地方では台風からまだ離れているあす11日(金)の午後にも、北東の風が強まってくる見込みです。その後、あさって12日(土)にかけては、北東から北の風がさらに強まる見込みです。太平洋沿岸では、すでにウネリが届いていますが、あす11日(金)は波が急速に高まって、9メートルの猛烈なシケとなる恐れがあります。日本海側でも次第に波が高くなるでしょう。沿岸部では強い風と高い波に注意・警戒が必要です。

tenkijp

© Japan Weather Association
出典:tenkijp

台風19号、東海や関東に接近・上陸か=12~13日、
暴風大雨警戒-気象庁

大型で猛烈な台風19号は10日午前、小笠原諸島・父島の南海上を北上した。非常に強い勢力で12日午後から13日未明に東海や関東に接近、上陸する恐れがある。暴風や高波、大雨に厳重な警戒が必要になるとみられ、気象庁は早めに備えるよう呼び掛けている。
 西・東日本の太平洋側では11日午後から非常に強い風が吹き、同日夜には猛烈なしけになる所がある。西日本の太平洋側と東日本では11日午後から大雨になる所がある見込み。19号は13日朝には三陸沖に達し、その後は北海道の北東へ遠ざかると予想される。
 19号は10日午前9時、父島の南南西約490キロの海上を時速20キロで北へ進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートル。半径240キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側750キロ以内と西側600キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 11日にかけて予想される最大瞬間風速は、小笠原諸島と東海、近畿、四国35メートル、伊豆諸島30メートル。波の高さは小笠原・伊豆諸島10メートル、近畿9メートル、東海と四国8メートル、関東と九州南部、奄美、沖縄6メートル、九州北部5メートル。
 12日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と近畿200~300ミリ、関東甲信100~200ミリ、四国100~150ミリ、東北50~100ミリ。その後も雨量が増える見込み。 

時事通信社

台風15号の影響も残っている中の千葉県が心配

【台風19号】千葉県、全市町村へ職員派遣 避難所事前開設も要請 12日にも上陸

 1カ月前に千葉県を直撃した台風15号に続き、非常に強い台風19号が週末にかけて接近する可能性が高まり、県は9日、災害対策本部会議を開き、森田健作知事が「あらゆる事態に即応できる態勢の確保」を指示した。具体的には19号接近前の段階で、全54市町村に県から情報連絡用の職員を送り込むと決定。15号で自宅が損壊した県民が多い中、市町村に避難所の事前開設も求める。15号で生じた大規模停電・断水への備えでは東京電力や国、自衛隊などと連携し、電源車や緊急対応要員の確保を急ぐ。

 県の各部局幹部や自衛隊が県庁に集まる同会議は、15号被害に対応してきたが、この日は19号への備えを協議。森田知事は「強い勢力のまま今週末に本県上陸の恐れがあり、風水害や土砂災害など大きな被害、再度の停電や断水も懸念される」とし、県民の安全確保に向け、最大限の警戒を敷く方針を表明した。

 市町村連絡用の県職員は、地域事情に詳しい出先機関勤務者を中心にあらかじめ指定し、11日前後には派遣する方針。15号の際に、被災市町村の被害状況や必要な支援を県が十分に把握できなかった反省を踏まえた。非常時につながる衛星携帯電話も持参できるよう通信会社に依頼している。

 避難所は15号から継続設置中の市町がわずかなため、他市町村でも11日には用意してもらう考え。県も職員の配備態勢を最大で本庁約2600人、出先機関約1万人に強化する見通し。

 県は市町村や県民に対し、水や食料などの備蓄を呼び掛けるとともに、県備蓄分を速やかに提供する準備も進めるが、応急防水用ブルーシートの県備蓄は1万枚弱。15号では国の協力も得て約20万枚を提供したといい、不足が懸念される。

 住宅や農林水産業、中小企業を含め、台風15号の甚大な被害からいまだ復旧途上の県内。片付けが終わらない被災者も多く、新たな脅威を前に補強や飛散防止などの備えを強いられる。

 会議後の取材に、森田知事は「命を守るための早めの避難や家族・知人との連絡態勢づくり」を県民に呼び掛けた上で、行政として「(備えが)空振りしてもいい。台風15号を教訓に思いつく限り、可能な限りの手は打つ」と強調した。

千葉日報

台風19号の直撃に備え市民が使う土のうを準備する市原市消防局の職員
9日の午後の様子

出典:千葉日報

猛烈台風備え急げ 被災県民「また家壊れる」 自治体、避難所や土のう用意

大型で猛烈な台風19号が今週末、日本列島に接近する可能性が高まっている。9月の台風15号による被害から1カ月となった千葉県内では9日、19号に備えて自治体が避難所の開設を検討したり、土のうの準備などで警戒を強化。15号で被災した県民からは「また台風が来たら家が壊れてしまう」と不安の声も上がった。
 台風19号の接近時の勢力は、県内に大規模停電などの被害を及ぼした台風15号に匹敵すると予想されている。
 台風15号では一時県内最大の停電が発生し、3千戸以上の住宅被害が確認されている市原市。9日は台風19号の襲来に備え、市消防局の職員が南総終末処理場の敷地内で市民に提供する土のう作りを行っていた。
 10日も作業を続け、計2千袋の土のうを用意する予定。土のうは各消防署などを通じてブルーシート、ロープとともに市民に配布している。
 市川市でも10、11日、大洲防災公園に土のうを無料で提供する「土のうステーション」を開設する。ステーションでは2千袋が用意されており、市内各所にある「地域型小規模土のうステーション」の土のうを、必要に応じて使用することも可能だという。市河川・下水道管理課は降雨前の早めの準備を呼び掛けている。
 印西市では土砂災害に備えて、市内10カ所に特別避難所の設置を予定し、八街市でも市内全域に避難所の開設を検討しているという。ほかにも避難所開設の準備を進める自治体があり、酒々井町の担当者は「前回(台風15号)は避難所は1カ所のみだったが、今回は複数の開設も念頭に置きながら対応していきたい」としている。
 9月の台風で被災した県民も危機感を強めている。2階建ての自宅の屋根瓦が飛散し、1階部分まで雨漏りしたという市原市の農家、森政己さん(57)は「業者も修理に来られず、自分たちで屋根に登りブルーシートを張った。今でも後片付けに必死なのに、また台風が来たら家が壊れてしまう」と嘆いた。

千葉日報

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました