スポンサーリンク

”魔女の宅急便”(アニメ) あらすじ&キャラクター一覧

アニメ
この記事は約6分で読めます。

ジブリのアニメ”魔女の宅急便”を紹介します。

スポンサーリンク

アニメ映画概要

魔女の宅急便 (1989年の映画)
スタジオジブリ制作
日本のアニメーション映画作品。
スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の
他者の原作による作品である。
主題歌には荒井由実の楽曲が使われている。

スポンサーリンク

あらすじ

とあるのどかな田舎町に住むキキは、魔女の血を受け継ぐ13歳の女の子。『魔女として生きることを決意した少女は、13歳の満月の夜に魔女のいない町を見つけて定住し、魔女の修行を積むべし』という古くからのしきたりに従って旅立ち、海に囲まれたコリコの街に定住を決める。

しかし、魔女の風習の残る田舎町と異なり、大都会である街の人々はどこかよそよそしく、キキはそんな人々の態度に戸惑いを隠せない。そんな中、グーチョキパン店のおかみ・おソノさんに出会い気に入られたキキは、おソノさんの好意でパン屋に居候し、空飛ぶ魔法を活かして『魔女の宅急便』を開業する。一生懸命に働く中、人力飛行機作りを目指す少年トンボと出会う。馴れ馴れしい態度で接してくる彼を不愉快に思いながらも徐々にキキはトンボと打ち解けてゆくが、思春期における様々な感情の機微ゆえに、なかなか素直になれない。

そんなある日。キキは突然魔法の力を失う。空も思うように飛べず、ジジとの会話もできず、更に大切なほうきを折るというアクシデントに見舞われ、失意に落ち込んでしまう。宅配便の仕事をすることもできず途方に暮れる中、かつて仕事の最中に森の中で出会った絵描きの女性ウルスラと再会したキキは、彼女の励ましを受けて少しずつ元気を取り戻していく。その後、過去にニシンのパイの配達を依頼してきた老婦人の家へ招かれたキキは、婦人から宅配を依頼された届け物が落ち込んだ自分を励ますためのものだったことに気づき、久しぶりに明るい笑顔を見せる。

スポンサーリンク

キャラクター一覧

キキ

本作の主人公。13歳。

魔女の掟である独り立ちの日を迎えた活発な少女。
飛ぶことだけが魔女としての唯一の取り柄。
黒いワンピースと赤いリボンがトレードマーク。
おソノの店で箒での飛行を利用して配達する「魔女の宅急便」を開業し、
様々な経験を通じて成長していく。

ジジ

キキの相棒の黒猫。
年齢はキキと同じく13歳。一人称は「ぼく」で少し生意気な性格。
喋れる猫というわけではなく、キキが魔法の力でジジと会話をしている。

コキリ

キキの母親で魔女。
魔女としての力は優れているものの、使える魔法は「空を飛ぶ魔法」と「薬草から薬を作る魔法」しか使えない。これは時代とともに扱える魔法の数が減っているせいであり、キキの代になってさらに1つ魔法が減ってしまうことを嘆いている。
劇中で名前を呼ばれるシーンは無く、
自宅前の案内に「魔女にご用の方は ベルを鳴らしてください コキリ
と書かれているので必見!

オキノ

キキの父親。
あっさりとした性格。
原作では魔女や妖精の研究をする民俗学者。
愛娘であるキキを優しく送り出す。「オキノ」は苗字ではなく、名前である。

スポンサーリンク

トンボ / コポリ

空に憧れ、飛行クラブに所属する丸メガネの少年。
「トンボ」は愛称で、本名コポリ
愛嬌のある性格で、男女問わず町中にたくさんの友達がいる。
キキが空を飛んでいる場面を偶然見かけ、興味深げに声をかける。

先輩魔女

キキが魔女として初めて旅立った際に会った魔女。
額を見せた茶髪のツインテールに紫の服を着用し、
金のハートのイヤリングを付けている。
ジジに似た黒猫を連れている。

おソノ

キキの居候先のパン屋「グーチョキパン店」を夫と共に営む、
親切で快活な性格のおかみさん。
ふとした偶然からキキと出会い、彼女を気に入ってパン屋の離れに住まわせた。
登場時は妊娠後期で最後は出産。

おソノの夫(フクオ)

無口で寡黙だが心優しいパン職人。
パン作りを覗き込むジジにウィンクするなどお茶目な部分も持っている。
キキのためにマジパンで宅急便の看板を作ってくれた。

ウルスラ

森の中の小屋で絵を描くことに没頭する画家の少女。
19歳。
宅配中に落としてしまったキキの荷物を見つけたことが
きっかけで知り合い、仲良くなった。

スポンサーリンク

ドーラ

キキの母コキリにリウマチに効く魔法の薬を作ってもらう老女。
コキリを町にやってきたときから知っている。

マキ

パン屋の近所に住んでいるファッションデザイナーで、
白猫リリーの飼い主。
キキにとって初めての仕事客となる女性。
ジジにそっくりなぬいぐるみの入った鳥かごを甥っ子に届ける依頼をする。

リリー

マキが飼っているメスの白猫。
当初ジジは気取っているという理由で嫌っていたが次第に仲良くなり、
エンディングではジジとの間に4匹の子猫をもうけた。

ケット


マキの甥っ子。ジェフ(犬)の他、ピッチィという鳥も飼っている。
失くしたぬいぐるみの身代わりになったジジを乱暴に扱っていたため、
キキを冷や冷やさせた。

ジェフ

ケットの家で飼われている大型の老犬。
ジジが身代わりだと見抜いて守り、救出の手助けもしてくれた。

スポンサーリンク

老婦人

青い屋根の家に住んでいる老年の婦人。
キキに孫娘宛にニシンのパイを届けてもらえるよう依頼する。
飛べなくなって落ち込んでいたキキを励ます為にチョコレートケーキを焼き、
「キキという人に届けて欲しい」という遠まわしな言い方で
プレゼントするなど心優しい人物。

バーサ

老婦人に仕えている使用人の老婆。
ひいお婆さんから魔女について聞かされていた事がある。
キキから預かったほうきにこっそり乗ろうとするなど茶目っ気な一面を見せる。
冒険が大好き。

孫娘

老婦人の孫娘。
トンボの女友達の一人。
現代っ子らしい外見をしていてやや刺々しい態度が目立ち、豪雨の中を苦労して宅配してきたキキの前で祖母のパイを「私、このパイ嫌いなのよね」と言った上に扉を無造作に閉めるという態度でキキを落ち込ませてしまった。

時計塔の老人

コリコの時計塔の番人をしている老年男性。
コリコを訪れたキキと最初に会話した人物。
当初からキキに理解のある数少ない人物のうちの1人で、今
のコリコの街に魔女がいないことを教え、キキはコリコに住む事を決める。

警官

街に不慣れで交通事故を起こしかけたキキを検挙するが、
トンボがかくまったため失敗に終わった。

デッキブラシのおじさん

物語に終盤に登場する中年男性。
ヒゲを生やしている。
トンボを助けるために箒で飛べなくなったキキにデッキブラシを貸した。

スポンサーリンク

通販

楽天ブックスで購入可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔女の宅急便 [ 高山みなみ ]
価格:4232円(税込、送料無料) (2020/6/19時点)

楽天で購入

 

よろしければどうぞ。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました