【ねこ図鑑】ブリティッシュショートヘアー丸顔で小さな耳の猫

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

密生した被毛が特徴です。
丸顔で小さな耳を持ち、鳴き声も穏やか。
高い運動能力を持っています。

原産国はイギリス

体重:3.5~6.5㎏
ブリティッシュショートヘアの平均体重は、
雄(オス)で4.5kg~6.4kg、雌(メス)で3.4kg~5.5kgとなります。

短毛種

特徴

ブリティッシュショートヘアは胸が厚く、脚はがっしりしてやや短め、
中ぐらいの長さのしっぽを持つ中型からやや大型のセミコビーです。
頭は丸く、頬も目も丸く、鼻は短めです。
完全な成猫に達するまで3年はかかるとされるほど、しっかりした体格を持っています。

性格

ブリティッシュショートヘアは子猫から若猫の頃までは甘えん坊のようですが、基本的に自立心が強く、抱っこされたり撫でられたりすることを好みません。
猫らしいプライドの高さと威厳があり、賢くもあります。
人の膝に乗ることより、ソファに寝そべっていることの方が好きな猫です。
それだけに留守番などは1頭でも落ち着いてできます。

ルーツ

もともとはローマ時代のローマのイギリス侵略の際、ネズミ用のハンター猫として連れてこられ、その子孫であるイエネコからスタンダードが確立された、たというのが定説です。
1800年代に入ると、イギリスは自国産のネコを品種として確立することに力を注ぎ、
1871年、ロンドンでのキャットショーで数多くの賞を獲得。そんなブリーダーたちの努力が実り、1901年にようやくそのスタンダードが確立されました。
その後、ペルシャとの交配を経て、
80年に入るとそれまでの大型種から現在のセミコビータイプへと体型も変化していきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました