スポンサーリンク

【ねこ図鑑】マンチカン 足が短くて甘えん坊な性格が人気

この記事は約2分で読めます。

ネコ界のダックスフンドとの異名を持ちます。大きく骨太な骨格と陽気で甘えん坊な性格が人気です。

芸能人でこの猫を飼われている方もたくさんいますね。

原産国 アメリカ

■短毛種・長毛種

■体重の目安
オス3.5~4kg、メス3から~4.5kg

様々な猫と交配されてきたため、容貌や毛色が非常に多彩なねこ種

マンチカンの特徴

マンチカンは全部の猫が足が短いというわけではなく、足の長さが普通な猫もいます。
短足のマンチカンは実は全体の2割程度

短足タイプでは、体長よりやや短い長いしっぽを持ちます。
小型のセミコビーで、オスは3~4kg、メスはオスより小さめです。
短足タイプの体高は猫種の中で最も小さいのが特徴です。

マンチカンの性格

大変陽気で好奇心が強く、遊び好きです。人や同居のほかのペットとも上手に接します。

マンチカンのルーツ

マンチカンの脚は、
常染色体に自然発生的に現出した優性突然変異によって生まれたもの。

要するに突然変異であったようです。

本格的な繁殖が始まったのは、
1983年に米国ルイジアナ州で突然変異の短足猫が発見されてからで、
トラックの下で暮らしていたところを保護された猫がルーツ
様々な研究対象とされ、遺伝学上の検査結果、健康体であることが確かめられ
以降、通常の脚を有する個体との交配を試みたところ、
同様の短い脚を持つ子猫が誕生したのであるが初めのマンチカンになったそうです。

その他の情報

交配の歴史において、ありとあらゆる猫種を相手にしてきたため、頭の形から被毛の色まであらゆる種類のものが存在している。ペルシャと交配させたブリーダーもいれば、シャムやアビシニアンとの掛け合わせを行っているブリーダーもおり、更にはデボンレックスのような縮れ毛や、アメリカンカールのような屈曲した耳を持つマンチカンの作出の事例も報告されているそうですが、

TICA(ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション)は、
他の純血種との交配を認めておらず、マンチカン同士、もしくは雑種との交配を公認しているため、
他純血猫との子供の血統書は存在しないそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました