スポンサーリンク

【ねこ図鑑】ノルウェイジャンフォレストキャット シャープな猫

この記事は約2分で読めます。

北欧生まれで、長く綺麗なダブルコート(2層)の被毛を持ち合わせます。

特に首回りと尾の毛が特徴的です。

原産はノルウェー、スカンディナヴィア半島を中心とした北ヨーロッパ

非常に寒冷な気候にも適応する長毛種

体重は、成猫のオスは4.5~7.0kg、メスは少し小さめで3.5~5.5kg

特徴

ノルウェージャンフォレストキャットはやや大きめ、前足より後ろ足が長い腰高の構成で、
全体にシャープかつたくましい印象です。
頭部は三角形で鼻筋はまっすぐであり、あごは分厚く、体格は筋肉質でがっちりとしています。
長いしっぽは先の方に向かって細くなっています。
被毛は大変ゴージャスな長毛のダブルコートで、水や脂をはじくように皮脂で覆われています。

性格

ノルウェージャンフォレストキャットは、お茶目で 寒冷な環境によく適している猫です。ハンター素質もあるため、屋外を非常に好み、人とじゃれあうことを非常に楽しみます。また、他の種類の猫とのコミュニケーションも好むのも特徴です。
高いところが好きで、キャットタワーの上を好みます。屋外に出すときは木に登ることも好みます。高いところに上るのを好む理由は、野性の名残であり、また、家の中での自身の地位をアピールするためのものと考えられています。

ルーツ

「ノルウェーの森林ネコ」の意味のノシュク・スコグカット
Norsk Skogkatt”と呼ぶ。

原産地域の寒冷気候への自然適合として起こった非常に古い種類の猫である。
「メインクーンと長毛種のマン島の猫の先祖である」
「人間がトルコから運んできたターキッシュアンゴラと地元のショートヘアーの交配により誕生した」
等の説があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました