スポンサーリンク

【ねこ図鑑】シンガプーラ 小さな妖精と呼ばれる猫

この記事は約2分で読めます。

小型のネコであることから、小さな妖精とも呼ばれてます。

小さな体格ですが、とても元気です。
静かな環境が好きなことからマンション等の集合住宅でも飼いやすいと言われます。

原産国は1970年に初めて発見されたシンガポール

短毛種なため、手入れは比較的簡単。

体重:2~3kg
平均的な猫はメスで4~6kgオスで6~8kgですが、
シンガプーラは大人になっても
オスメス両方共2~3kgと約半分ほどの重さしかありません。

シンガプーラの特徴

小さくてもその体は筋肉質で、しっかりとした四肢をもつセミコビータイプです。
アイラインが入ったアーモンド形のパッチリした目とピンと立った耳を持ち、
小柄で可愛らしいため「小さな妖精」とも呼ばれています。

他の猫と異なり、シンガプーラの子猫は生後9週間まで目の色が何度も変わります

小さいアビシニアンのようにも見えます。

シンガプーラの性格

性格は、愛情深く、おとなしいものが多い。 小さな暴れん坊という異名を持ってます。

普段の運動量は特別多いというわけではありませんが、
もともとの身体能力は高く好奇心も強いので、たまに遊んであげるととても喜びます。

ただ、騒がしい環境は苦手です。
環境にストレスを感じやすく、
場合によっては後述のストレス性疾患をわずらってしまうことがあるので、
多頭飼いなどは向いていません。

ルーツ

もともとシンガポールでは時折見かけられていたものの、現地の人に興味をもたれる事は無く、1972年にシンガポールに生息する大きな瞳を持つ象牙色のネコの話に興味を抱いていて訪れたアメリカ人、メドウ夫妻によってアメリカへ持ち込まれるまで広く知れ渡ることは無かった。
その後キャットショーに出陳され1979年に公認を受けるにいたった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました