スポンサーリンク

“としまえん” が閉園、理由は?跡地に『ハリポタ』テーマパーク?いつオープン?

気になるニュース
この記事は約3分で読めます。

東京の遊園地「としまえん」2020年8月末で閉園となり、
跡地に東京都の公園や、小説や映画が世界的に人気の
「ハリー・ポッター」のテーマパークになる予定とのことです。

スポンサーリンク

現在の豊島園について

東京 練馬の「としまえん」 
現在は西武グループが運営
22ヘクタールの敷地に
アトラクションやプール、
スケートリンクなどを備えた首都圏有数の
規模の遊園地でした。

閉園について

2020年8月末に閉園となりました。

豊島園閉園の理由としては、

「としまえん」の入場者数の問題。
1990年代には400万人を超えていましたが、
2017年度は96万人、2018年度はやや持ち直しましたが、
112万人でした。

地方や中小の施設では、閉鎖が相次ぎ、
入場者数が低迷している施設が多いのが実情で、
豊島園も入場者の減少により運営の悪化が原因のようです。

スポンサーリンク

豊島園の歴史

「としまえん」は、
大正15年、東京 練馬区に日本庭園などを備えた「練馬城址 豊島園」として開園、
第2次世界大戦中にいったん閉園しましたが、戦後まもなく営業を再開したそうです。
現在は、乗り物のアトラクションのほか、大きく5種類のプールやウォータースライダー、スケートリンクや釣堀、それに動物と触れ合える施設や温泉施設などを備え、
首都圏を代表する遊園地の一つでした。

スポンサーリンク

ハリポタのテーマパーク

イメージ

「ハリー・ポッター」は、
魔法使いの少年の冒険と成長を描いた
イギリス人の作家、J・K・ローリングさんの
世界的なベストセラー小説です。

日本では、2014年に
大阪のテーマパーク、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が、
年間の売り上げのおよそ半分にあたる450億円をかけて、
「ハリー・ポッター」の世界を再現した施設をオープンしました。

今回、
「ワーナー・ブラザース」が「としまえん」の跡地に建設を検討している
「ハリポタ」のテーマパークですが、
建設が実現すれば、
地域の活性化が期待できます。

スポンサードリンク

オープンについては

今回のこの交渉が
ことし(2020)春までに成立する可能性があり、
合意となれば、その先となるので、

早くても2023年度にも「ハリポタ」の新パークに?
まだ先のオープンになりますね。

東京都の公園整備構想とは…

東京都が「としまえん」のある地域に公園を整備する構想は

昭和32年、東京都は「としまえん」のある一帯を
「練馬城址公園」として整備する都市計画を決定していたそうです。

その後、具体的な動きはみられませんでした。

平成23年に起きた東日本大震災で、
帰宅困難者や地域の住民が避難する場所の確保が課題となり、
東京都は「としまえん」の一帯を防災機能を備えた都立公園の
「練馬城址公園」として整備する方針を打ち出したとのこと。

具体的には「としまえん」を中心としたおよそ22ヘクタールを新年度=令和2年度までに優先的に事業を進める予定の「優先整備区域」に設定したうえで、西武グループなどと用地の買収を含めて協議を進めてきました。

また、 、東京都の小池知事は都庁で記者団に対し「『としまえん』はもともと災害の防災拠点でもあり、そこをうまく活用すると聞いている」と述べました。

NHKNews
スポンサーリンク

関連記事について

スポンサーリンク

まとめ

豊島園が閉園は悲しいですが、

新しいテーマパークとなるのも新鮮です。

早くても2023年なのでちょっと先ですね。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました