スポンサーリンク

”ゲド戦記”(アニメ) あらすじ&キャラクター一覧

アニメ
この記事は約5分で読めます。

ジブリの「ゲド戦記」は、
アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』のストーリーと
宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。
スタジオジブリ制作。
東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。

宮崎吾朗監督・脚本の独自解釈によるストーリーです。

概要

アメリカの女流作家アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズを、
スタジオジブリが映像化したファンタジー・アニメ超大作。

宮崎駿監督の実子である宮崎吾朗がメガホンを取り、
少年アレンと大賢人ゲドの旅を通じて混迷する時代を生き抜くための
メッセージを投げかけてくれます。

声優の魅力と主題歌のすばらしさ。

また、キャラにも注目!

トラウマになるくらい、怖いキャラも登場します。

では、
あらすじから、ご覧ください。

スポンサーリンク

あらすじ

今回の紹介のジブリ制作の映画は、
原作『ゲド戦記』のキャラではなく
絵物語『シュナの旅』の登場人物が、キャラクターイメージの元となっています。
監督の宮崎吾朗は「『シュナの旅』の登場人物に少しずつアレンジを加え、
『ゲド戦記』の世界に近づいた感じです」と語ったます。

あらすじですが、

多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、
農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。
やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、
大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、
国を捨てた王子アレンと出会う。

というところからストーリーが展開します。

スポンサーリンク

登場人物(キャラクター)

キャラクターと声優の一覧です。

アレン(レバンネン)声:岡田准一



主人公。エンラッドの王子。17歳。
その純粋で生真面目すぎる性格
世の中の暗黒に対してまで深く心を悩ませるうちに、
本来は心の“光”だった彼の分身が“影”となって去ってしまう。
心の均衡を失い、衝動的に父である国王を殺害してしまう。
挙句、国を捨てて失踪。
放浪中に偶然ハイタカに命を救われ、ハイタカと共に、
世界に異変を引き起こしている災いの根源を探す旅に同行する。

テルー(テハヌー)声:手嶌葵

顔に火傷の痕がある少女。
テナーと共に作物や羊を育てて暮らしているが、
特に自分の命を大切にしない人間には容易に心を開かず、
両親に虐待された末に捨てられた辛い過去を持つ。
テルーの顔にあるケロイドは、子どものころに両親から焼かれてつけられたもの。

ハイタカ(ゲド)声:菅原文太


アースシーの大賢人。
世界の均衡が崩れつつある事を察知し、アレンと共に災いの源を探る旅に出る。
頬に傷がある。世界の均衡を崩さぬよう、
みだりに魔法を使ってはならないと考えている。

テナー 声:風吹ジュン


ハイタカの昔なじみで、彼のよき理解者。
ゲドという彼の真の名を知っている。
親に捨てられたテルーを女手一つで育てている。

スポンサーリンク
クモ 声:田中裕子

永遠の命を得るために、禁断の生死両界を分かつ扉を開いた魔法使い。
かつて魔法を濫用したが、ゲドに阻止されたため、
密かに彼に復讐する機会を伺っている。

のクモは男性。

外見や声は女性的なキャラ。

外見の変化がすごい

このクモがトラウマになる人も多いそう。

ウサギ 声:香川照之


人狩りを生業とするクモの手下。
小心者だが、クモの力をかさに着て傍若無人に振る舞う。

国王 声:小林薫


エンラッドの賢王で、アレンの父。
賢王の名にふさわしく、国民のことを常に考えており、
国土の各地から報告される異常事態を深く憂慮していた。
ある夜、突如アレンに刺殺され、身に帯びていた魔法の剣を奪われる。

王妃 声:夏川結衣


アレンの母。
国を継ぐ者として、アレンを厳しく躾ける。
いつも愛猫を抱いている。

スポンサーリンク
女主人 声:倍賞美津子


都城ホート・タウンに住む元まじない師。
今ではすっかり魔法を信じられなくなり、
模造品の生地を商っている。

ハジア売り 声:内藤剛志


常習すると死に至るハジアを売りさばく売人。

ハジアとは麻薬の一種、

アレンに気安く近づき言葉巧みにハジアを売りつけようとする。

ルート 声:飯沼慧


エンラッド国王の側近の老魔法使い。
世界の均衡が崩れつつある事に憂慮している。

スポンサーリンク

主人公アレンの国王(父)殺し

アレンの父殺しアレンが国王である父親を殺すという設定は原作にはなく、
映画オリジナル。
テルーが親から虐待されたという原作に準拠した設定ともあいまって、
田を耕さずハジアを売ったり、人を売り買いする人が儲けたりなどの
均衡の崩れた世界を象徴している。

映画の中では、その理由については曖昧のままになっているが、

宮崎吾朗はインタビューで、

「アレンは父を憎んでいたわけではなく、たぶん尊敬しており好きでもあったが、自分が陥っていた閉塞感やがんじがらめな気分を抑えきれなくなり暴走し、彼を取り巻く世界、社会の『象徴』である父親に抑えきれなくなった感情の矛先が向かった」

という講釈をしている。

スポンサーリンク

音楽

主題歌「時の歌」
作詞 – 宮崎吾朗・新居昭乃 
作曲 – 新居昭乃・保刈久明
歌 – 手嶌葵アルバム『ゲド戦記歌集』収録。
劇中挿入歌「テルーの唄
作詞 – 宮崎吾朗
作曲 – 谷山浩子 
編曲 – 寺嶋民哉 /
歌 – 手嶌葵
※プロデューサーである鈴木敏夫に参考資料として手渡された、
萩原朔太郎の詩「こころ」に着想を得た宮崎吾朗が作詞。

参照サイト

スポンサーリンク

DVD

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲド戦記 [ 岡田准一 ]
価格:4095円(税込、送料無料) (2020/7/27時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました