スポンサーリンク

ネコの不思議な能力!「人間の死」「自分の死」「天気&地震予知」

ネコ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、kintaです。

ネコを飼っている方の中には、
ネコが持っている不思議な能力?というか
何かわかっているのかな?
と思った経験の方も多いのではないでしょうか?

ネコの不思議な能力についてまとめてみました。
では、いってみましょう!

スポンサーリンク

神聖な動物


昔からネコは神聖な動物、
逆に不思議な力を秘めていることから
悪魔の化身なのではないかと言われた時代もありました。

ハロウィンでもクロネコのグッズがよく売ってますよね。

それくらい不思議な生き物のようです。

今回は、ネコの不思議をまとめてみました。

スポンサーリンク

人間の死がわかるネコ

ネットやテレビでも話題になったことがあるアメリカの
オスカーをご存じでしょうか?

アメリカの医療施設で飼われているオスカーという名前のネコは、
入院している患者さんの死を察知して看取っていると言われています。

死が間近に迫っている患者さんの元にやって来ては寄り添って眠っているそうです。

オスカーは死が訪れる瞬間まで患者さんのことを看病しているように感じられます。

オスカーが人の死期を察知する能力は、患者さんを診察している医師だけでなく、
いつも看病をしている看護師や介護士などよりも正確だと言われています。

オスカーは人間には見抜けなかった人間の死期が
わかっていたのではないかと言われています。

もしかしたらですが、オスカーは死神(よい意味)として、
これから死の世界に旅立つ方の道案内をしているのかもしれませんね。

オスカーの話は書籍化もされております。

また、オスカーよりかなり前の時代、
第二次世界大戦中に首相となり、
危機に陥っていたイギリスを勝利に導いたウィンストン・ チャーチルさんのネコ

チャーチル首相の死を予言したネコ「ジョック」
ネコの話も書籍化されてます。

興味ある方は、書籍でじっくりご確認ください。

スポンサーリンク

ネコは天気・地震を予知できる

ネコの予知能力の中で、一番これは事実だと感じるのが「天気の予知能力」。

とりわけ「雷雨」に関しては多くのネコが最初の雷雨がとどろく
1時間前から12時間前に予知できると多くの動物行動学者が認めているらしいです。

ソ連のタシケント動物園では、
地震が起こる何日も前からトラや他のネコ族の動物達が
屋外で眠り始めた、という報告も残されています。

昔から、ネコのグルーミングの様子を見て、
明日は雨だとか?天気だとか?はなしているのも聞きますよね。

人間よりはるかに高い、記憶能力や嗅覚を持っているし、
本能はもちろん、「天気予知」の能力はあるみたいですね。

スポンサーリンク

ネコは自分の死が近づいているのが分かる!?

ネコは私たち人やイヌと違い単独で生活していた動物です。

そのため常に敵に見つからないように生きていかないといけなかったことから、
老衰や病気怪我などで体が衰弱している状態は「死」を意味しています。

群れで生活していないため仲間同士の思いやりやコミュニケーションが欠け、
成ネコの場合は具合が悪くても誰も助けてきてくれないのです。

そのことからネコが自分の調子が悪いと感じた場合は
「死」が近づいている、「死」を覚悟しなければいけないと
認識しているようです。

スポンサーリンク

ネコは、死ぬ前に姿を消す

元々ネコは単独動物なため自分の身は自分で
守らないといけなかったため、病気や怪我をして体が弱っている状態や
死が近い状態だと敵にとっては好都合となり、狙われてしまいます。

そのため敵に見つからないように身を守れる安全場所にいるといわれています。
また身を潜めることができるので体力温存や怪我の回復を
待っていることも理由としてあげられいます。

ただ、イエネコの場合ですが、
外に姿を隠すことはできません。

自らの命が短く、死ぬ時期が近いと感じたときは
本能により静かなところへ姿を隠したり、
飼い主に対して普段と違う声で鳴いて呼んだり甘える行動をとることが増えてきます。

その時にネコは苦しいのに頑張って立ったり歩
いたり飼い主にお別れのサインをしているという話をよく聞きます。

自分がどのくらい生きられるかわかっているからこそ

これまで一緒に過ごし心を許せる大好きな飼い主に
「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えているのではと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ネコの不思議な能力についてまとめました。

我が家のnekoも私が体調悪いときは、
特にその痛い場所の近くに寄り添ってくれてます。

身体の不調箇所から何かネコにはわかるものが、
出ているのでしょうかね。

私自身は、ネコは霊感も強い生き物だと思ってます。
(私個人の実感です)

こちらについては機会があったらまた発信しますね。

お楽しみに!

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました