スポンサーリンク

【ねこ図鑑】ジェネッタ 短い足と野性的な外見の猫

この記事は約2分で読めます。

ベンガルやサバンナのような野性的な見た目に短い足をもつ猫です。

ヒョウのような模様が入るので見た目はワイルド系でかなりカッコよさを感じるます。

原産国:アメリカ

体重:3kg~6kg

短毛種

ジェネッタの特徴

ジェネッタはイタチのようなマズルに、大きくて少し丸みを帯びた耳、大きな目を持ち、マーブルタビーやスポッテッドタビーの被毛が輝いています。

被毛の種類には黒、茶色、シルバー、白のスポッテッドタビーや、黒、茶色、シルバー、チョコレート、シナモン、白のマーブルタビーがあります。パッチドタビーやキャリコ、錆などは認められません。目の色は緑、アンバー、ダークブラウンなどがあります。

ジェネッタの性格

ジェネッタの性格は、遊び好きで友好的である反面、警戒心が強いところもある猫です。

ルーツ

ジェネッタは、一部の愛好家のためにアフリカンジェネット(アフリカジャコウネコ)に似せて作り出した品種です。

サバンナやベンガルを主に繁殖しているPawstruk Cattery の Shannon Kiley により2006年に誕生しました。Shannon は、ジャコウネコ科のジェネットに似たようなエキゾチックな見た目、かつ従順で温和な性格をもつイエネコを誕生させようとしました

そしてオリエンタルショートヘアーから長い胴を受け継いだ結果、
足が短く野性味あふれる猫となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました