【白髪】老化?40代以降の悩み、髪の毛、陰毛、まつ毛、眉毛、鼻毛 すべて白くなる どうして? 抜いていいの?

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

白髪は老化現象のひとつ。40歳を超えた女性なら、1度は悩んだ経験がありますよね。白髪をカバーする最も有効な方法は髪を染めることですが、むやみに白髪染めをすると、髪や頭皮にダメージを与え、髪のすこやかな成育を妨げることにもなりかねません。

白髪は頭髪だけでなく、陰毛、まつ毛、鼻毛、毛というものすべてが老化現象で白くなります。

原因と対応策の技を知り、いつまで若く見られるようにしてきましょう。

ここでは、頭皮と陰毛についての対応策を記載しました。

白髪が出来る原因

メラノサイトが機能しなくなる理由として、主にあげられるのは以下の通りです。病気による白髪の発生もあります。心配な場合は、医療機関に相談しましょう。

加齢

体の老化に伴い、色素細胞(メラノサイト)の力が弱くなったり減少したりすると、メラニン色素をつくることができなくなって白髪になります。通常、まず頭髪に白髪が混じり、60歳でほぼすべての人に程度の差はあれ、白髪が見られるようになります。

陰毛の白髪は40歳代になってから起こる人が多いようですが、最近では若い10代~20代でも陰毛の白髪に人知れず悩んでいる方もいます 。

ストレス

ストレスを受けて途中から白くなっている毛
途中から
白髪

ストレスを受けると、毛根部分への血流が悪くなり、髪が栄養不足に陥って白髪を伴う場合があります。また、ストレスがたまると体のホルモンバランスが崩れ、メラノサイトの力が弱まり、白髪になりやすくなります。

ストレスは現代社会において必ずあるものですので、溜めない事が大切です。自分なりのストレス発散方法を見出してみましょう。映画を見て泣く、お風呂に使ってボーとする、スポーツをするなど日常のストレスを感じる事から、少し距離を置けることをすると良いと思います。

遺伝

白髪は遺伝するといわれ、家系的に白髪になりやすい人は、若いころから白髪が出ることがあります。ただ、どの程度遺伝が関係しているかは明らかになっていません。

生活習慣

不規則な生活や栄養バランスの偏った食生活をしていると、メラノサイトの活動が弱まり白髪になりやすくなります。また、ミネラル不足もメラノサイトの働きを低下させる一因です。

過度なダイエットや不規則な食生活は、毛を作るのに必要な成分も摂取し難くなります。白髪に良いとされる食べ物は、亜鉛や銅を含む食材です。亜鉛や銅は、牡蠣、肉類、卵の黄身、納豆、ゴマなどに含まれます。毎日の食事で、意識して取るようにしましょう。また、昔から言われている海藻類も白髪に良いと言われるようです。忙しくて中々食事に気を遣えないタイプは、サプリなどを使って取り入れていくのも良いでしょう。

血流量の不足

毛は血液から栄養を取りこんでいます。血流量があまりにも不足すると、抜け毛や白髪が増えます。血流量は、お風呂に入る事やスポーツなどで改善されます。ストレス発散にも結び付きますので、行ってみましょう。

白髪が出来るメカニズムについて

白髪が出来る原因は、頭髪も他の箇所の毛も白髪が出来るメカニズムは同じです。実は毛は元々白い色で作られます。作られた白い毛に、メラニン色素という黒い色の成分が入る事によって黒い毛となります。このメラニン色素は、メラノサイトという細胞が作っているのですが、何らかの理由(ストレス、営業不足、血流等)でメラノサイトが機能しなくなるので、元々の白い色で生えてきてしまうのです。

白髪は抜いてもいいの?

「白髪を抜いたらまた生えてくる、しかも増える」という噂は本当なのでしょうか?

この噂は、間違いです。白髪は抜いても減りませんし、増えもしません。実際に白髪は抜いても抜いても、また生えてくる場合が圧倒的に多いです。

白髪は、毛穴にある「メラノサイト」という色素細胞が「黒髪に必要な色素(メラニン)」を作れなくなったことで生えてきます。通常、毛髪は同じ毛穴から数本生えています。

したがって、白髪を何回抜いたとしても、その毛穴からは白色の毛が次々と生えてきます。そのため、結果的にいくら白髪を抜いて減らそうとしても、白髪が減ることはありません。

しかし逆に、白髪を抜いたからといって、白髪の数が増えるということもありません。なぜなら、一本白髪を抜いても、その周囲の毛穴のメラノサイトに影響が及ぶことはないからです。

年齢や遺伝が原因の白髪の場合、メラノサイトの働きが再び元に戻ることは難しく、抜いても再び白髪が生えてくる可能性は大です。

年齢や遺伝ではなく、一時的なストレスや生活習慣の悪化、病気などで白髪になっている場合は、改善する可能性もあるため、再び黒い毛が生えてくる可能性はあります

白髪を無理やりに抜くとどうなるか?

無理やり白髪を抜くことで、毛根がダメージを受けて形状が変化することがあります。毛根の形状が変化してしまった場合、次に生えてくる髪がカーブしくせ毛になって生えてくる可能性があります。これだけで済めば良いのですが・・・最悪の場合、毛根が傷んでもう2度と髪の毛が生えてこなくなる恐れもあります。

老化や遺伝による白髪でなければ、再び黒い髪に戻る可能性もあります。繰り返し抜いて毛根を痛め、髪が生えてこなくなるよりは、黒く戻る可能性にかける方が良いので、無理やりは抜かないようにしたほうがよいですね。

ストレスでパンダのような白黒にはえることもある

白髪の陰毛

毛の上部は白いのに根本は黒い毛や、黒→白→黒といったカラーになっている毛がはえることもあります。なので、白髪は一度白くなっても、黒くなる可能性はあると言えると思います。ただし、どうして黒くなるのか、今の科学ではまだ解明されていませんが、生活改善やストレスフリーで改善する可能性があります。

私は、ストレスがピークの時、頭のストレスのツボ部分の頭の毛がパンダのように白黒白黒となってすごかったです。

パンダ毛と呼んでました。ただ、根本は黒いのは救いですよね。

陰毛の白髪を処理する方法

では、ここから陰毛の白髪を処理する方法をご説明していきます。

この記事の続きをもっと読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました