スポンサーリンク

【女性の病気】あれ?私?更年期障害もしくはうつ病? 症状と対策について 

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、kinta です。

更年期? 私は違う・・

って思ってました。

更年期はもちろん、その障害についての知識もなかったんですね。

ですが

症状をチェックしていると ほとんど当てはまる?

もしかして あれ?っと

と思いました。

女性の45歳~55歳(個人差はあります)に更年期になる方が多いそうです。

更年期は女性であれば、誰もが経験するプロセス。

更年期における不調が更年期障害です。

自律神経の乱れのため、うつ病と似ている症状もあります。

私ですが、複合型のうつ 更年期障害+うつ病でした。

私がどうであったか

ぜひ、参考にしてほしいです。

更年期とはなに?

「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のこと
閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後らしいです。
一般的には45~55歳が「更年期」と言われる期間になります。

更年期障害って?

更年期における様々な不快を「更年期障害」と呼びます。
様々な不快ってどんな症状でしょうか?
年齢が、45歳過ぎて
あれ、なんだかいつもと違う…、体がつらいな とまずは感じたら更年期障害でないと疑ってみてください。

主な更年期の症状

  • ホットフラッシュ(のぼせ、発汗、発熱)
  • 疲れ
  • いらつき
  • 疲れやすさ
  • 肩こり、腰痛
  • 不眠

人によって症状は様々で

女性ホルモンの減少による自律神経の乱れからなります。

どうして不快になるのか?

更年期における様々な不快な症状は、

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が影響してます。

エストロゲンは8・9歳頃から卵巣で分泌され、

その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。

30代半ば以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

この突然の変化に体がついていけず起こる不調が「更年期障害」

っということは、30歳半ばから少しずつ、閉経に向かっているということですよよね。

私の場合は、イライラと不眠が全開でした。

チェックリスト

簡単なチェックリストです。

更年期外来も最近は増えてます。

また、血液検査で結果もでますので、医師のアドバイスも参考にしてくださいね。

  • 熱る(顔や首が熱い)
  • 怒りやすくイライラする
  • くよくよしたり、憂うつになる
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 頭痛、めまい、吐き気がよくある
  • 汗をかきやすい
  • 腰や手足が冷えやすい
  • 息切れ、どうきがする
  • 疲れやすい
  • 肩こり、腰痛、
  • 手足の痛みがある

うつ病との関連性

更年期うつって聞いたことありませんか?

自律神経の乱れから起こる症状のため

うつ病と同じ症状になることがあります。

「更年期うつ」の症状としては、

  • 気分が落ち込む、憂鬱になる、
  • 疲れた感じがする、または気力がない
  • 何事にも自分を責める
  • 寝つきが悪く途中で目が覚める、または逆に眠りすぎる
  • 食欲がなくなったり、食べ過ぎたりする

うつ病とほとんど一緒だと思いませんか?

ストレスももちろん影響しますが

女性ホルモンの影響から起こる自律神経の乱れからこういった症状が起きます。

40~50代女性がこういった状態になってしまった場合、まずは更年期によるうつ症状であると判断されることが多くなりますが、

症状は、ほぼ同じです。

決定的な違いというのは、

生きていることがつらいのように

深刻に思い詰めてしまうような深い絶望感がある場合は、

うつ病である可能性が大きいです。

私の勝手な判断ですが、(簡単に考えれば)

複数のストレス→うつ病(脳の病気)

女性ホルモンの乱れ→更年期うつ(婦人科の病気)

今の女性は仕事や家事・育児もあり

ストレスと女性ホルモンの乱れの両方からくる複合うつの方も多くなっています(私がそうでした)

そのため、更年期外来と心療内科 (セカンドオピニオンも含め)

両方の受診をお勧めします。

診察項目は異なりますので

医師の指示を仰いでくださいね。

またまた
私の場合ですが、会社人として働き仕事のストレスがピークにでした。

仕事での人間関係もトラブルだらけであり、
眠れないという症状とイライラ感
体に湿疹、瞼の上のぴくぴく、自分がすべて悪い、
自分さえ。。。。であればなどと思ってしまう  
などの症状がありました。

心療内科で行った 光トポグラフィのデータから重度なうつ病と判断されました。

ただ、気になっていたのは

ホットフラッシュ(汗とのぼせ)、肩こり腰痛、生理不順

このうつ病判断後、更年期外来にも行きました。

簡単な血液検査で、更年期障害と判断され、

うつ病+更年期の

複合うつでした。

現在、医師の指示従い、治療してます。

更年期のセルフ対策

自律神経がとても乱れているので、うつ病も同じ対策でよいと思いますが

焦らず何もしたくない日は、何もしなくてよいと思います。

気分転換ができるようであれば是非に対策をおこなってください。

  • 生活スタイルの見直し(寝る・起きる時間を決める)
  • 散歩(陽をあびる)
  • 音楽を聴く
  • 軽い体操・ストレッチ
  • 香りを楽しむ
  • サプリメント(病院と相談してください)

医者の指示を守って、自分に余裕があれば対策もしてみてくださいね。

家族の理解とサポートも大切です。

まとめ

年齢が45歳過ぎから疲れ安くなると思います。今の女性は、仕事もあり、家事の負担もあり、子育て中の方も多いかと思います。

仕事や人間関係のストレスなのか、それとも更年期障害からの症状なのか?

わかりづらいですよね。

今回は、私の経験も含め、うつ病と更年期(更年期のうつ)違いについて、まとめてみました。

チェックリストを確認し、症状に我慢せず

医師に相談してほしいと思います。

とくにうつ病であった場合、

自分のつらさを聞いてもらうだけで、落ち着くこともありますので。

不調に対する対応は様々です。

人生100歳の時代

40-50代の女性が、これからもますます輝いて、素敵な時間を過ごして欲しいと心から思います。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました