スポンサーリンク

【的中】2020のオリンピック中止は予言されていた”マヤ歴”にて

ミステリアス
この記事は約3分で読めます。

マヤ歴では、
2020年の東京オリンピックの中止を
予言していました。
2020年の実施は、
中止となり、
2021年以降の実施となるのは確定です。

みなさんは、

マヤ歴の予言を信じますか?

今回は、

2020年の
「人類滅亡」と 「国際的な運動行事 の廃止」
の予言について
まとめてみました。

マヤ暦の人類滅亡予言

かつて中米で栄えた古代マヤ文明で用いられたマヤ暦において、
世界の終焉すなわち人類の滅亡は、
2012年だと考えられてきた経緯があたことは
御存じの方も多いかもしれません。
しかし、
実際2012年に世界が終わりは
迎えませんでしたね。

ところがフランスの科学ジャーナリストであるモーリス・シャトラン氏は、
「2012年説」には閏年を考慮していないという天文学上の計算ミスがあり、
本当のマヤ歴の終わりは2020年3月20日だと主張しています。

「2020年3月20日にオリオン座の
1等星ベテルギウスが超新星爆発を起こし、
人類が滅亡する」
とのことだ。

2010年1月10日、このベテルギウスで超新星爆発の予兆が
あったというニュースが世間を騒がせたことがありました。
ベデルギウスは過去15年で15%小さくなったという報告もあり、
専門家によると
超新星爆発は数万年後かもしれないが、
明日でもおかしくない状態
といっています。

スポンサーリンク

また、マヤ文明の予言だけでなく

2020年の3月20日の
この終わりの日が、
マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存された
インド暦の終わりとも一致するということで、
今回の予言こそ何か起きるのではといわれています。

2020年3月20日は、すでに過ぎましたが、

現在、新型コロナウィルスの影響で
国の閉鎖や大きな行事がすべて延期・中止となっています。
この状況が、
「人類の滅亡」の始まりだとすれば、
怖い事実となります。

さあ、皆さんはどう考えますか?

もう一つ
マヤ文明の予言には、「2020年の国際的な運動行事が廃止」といった予言が
ありました。

こちらが、東京オリンピックだとすれば
その予言はあたったことになります。

2020年…東京オリンピックが中止になる

マヤ文明を詳しく調べている専門家は、
オリンピックに似た事柄が当時に行われていたと考えています。

そして遺跡や暦の流れから、
「2020年に国際的な運動行事が廃止される」

という予言があることを突き止めました。

そして、2020年の3月24日に

延期が決まり、2020年の開催はなくなりました。

合わせて、人類の滅亡が新型コロナウィルスでなく、
災害や事件の可能性もあります。

現在、日本全国で毎日のように
地震が起きている状況です。

関東大震災から約100年(1923年に関東大震災)となります。

地震の可能性も否定はできません。

■地震関連についてはこちらも参考にしてください。

まとめ

マヤ文明が
2020年の東京オリンピックの中止を予言していたことは
信じがたいですが
実際に
2020年の開催はなくなりました。

予言が再び注目を集めることになるかも
しれないですね。

■防災グッズの用意はこちらも参考に

■東京オリンピック延期について

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました