【ポイント還元】消費税のポイント還元って?どういう仕組み?キャッシュレス決済で最大5%はいつまで?

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、kintaです。

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられるます。

政府は、消費税増税後の消費低迷と景気後退を抑えるために

最大5%のポイント還元制度を導入します。

ポイント還元制度ってわかりますか?

令和元年(2019年)10月から令和2年(2020年)6月までの間

対象店舗
クレジットカード・デビットカード・電子マネー・スマートフォン等を使って代金を支払うと、ポイント還元 がうけられます。

出典:経済通産省HP

ポイントはどうやって返ってくるの?

還元方法は即時とあとからの2種類

還元方法も大きく分けて2種類あります。

1つは、利用したキャッシュレス決済手段により、後日(たいてい1~3か月後)ポイントとして還元されるもの

もう一つは、購入時に即時還元を行う方法。
その場での値引きです
大手コンビニ4社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ)は、この即時還元の方法をとると日経新聞が報じてます。

クレジットカード大手のJCB、クレディセゾン、三井住友カード、三菱UFJニコス、ユーシーカードの5社は、、金額請求時にポイント還元分の金額を差し引く、実質上の値引きで対応することが、8月26日に発表されました。

実質値引きは消費者にとってはありがたい運営です。

もっと詳しく知りたい方は

決済事業者のホームページあるいは、経済産業省の専用サイト「キャッシュレス・消費者還元事業」などで確認することができますのでご確認を!

キャッシュレス決済の対象サービス

出典:経済通産省HP

正式な発表は9月下旬とのこと(ギリギリまでわからないんですね)

キャッシュレス決済事業者は、こちらでご確認を! ※9/8時点

クレジットカード・デビットカード

電子マネー・QRコード・その他

対象店舗って?

9月2日時点で事務局審査を通過した加盟店(対象店舗
詳細は「登録加盟店一覧はこちら

※経済通産省のHPお知らせより抜粋

対象店舗にあるマーク

出典:経済通産省HP

ポイント還元率

消費税のポイント還元率は、一律ではなく支払う店舗によって「5%」「3%」「0%」とバラツキがあります。

5%・・・・中小企業、個人経営の小売、飲食店、宿泊など


2%・・・・コンビニ、外食などのフランチャイズチェーン

0% ・・・・大手スーパー、百貨店など

還元の期間は?

令和元年(2019年)10月から令和2年(2020年)6月までの間

東京五輪が開始される2020年7月までということですね。

消費者向けの動画(小中学生・高齢者向け)

ひろがるキャッシュレス(消費者向け)
出典:経済通産省

問い合わせ先

ポイント還元問い合わせ窓口

まとめ

消費税が10月から10%になりますが

まだ、調整中のことが多いことが分かりました。

ポイントって何?

ポイント還元の方法は?っと

思って今回は調べてみました。

期間限定であるので、この期間内に利用しないと・・・ですね。

また、還元についての詳細は、個別にまだ確認したほうがよいみたいです。

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました