スポンサーリンク

【女性の病気】「卵巣」初期症状 卵巣嚢腫(のうしゅ)とチョコレート嚢腫との違いは?

健康
この記事は約6分で読めます。

卵巣の病気をまとめてみました。

女性なら誰でもなる可能性がある病気である「卵巣腫瘍」。
有名な歌手の方もこの病気になってますよね。(UHさん)

沈黙の臓器 手遅れにならないうちに!

スポンサーリンク

大切な臓器

卵巣は女性の健康のリズムを日々作る大切な臓器です

女性にのみに備わっており、
妊娠できる年齢になると、脳の指令を受けて卵胞ホルモンと黄体ホルモンとよばれる2種類の女性ホルモンを分泌するようになります。卵胞ホルモンは女性らしいカラダをつくるために欠かせないホルモンといわれています。これらのホルモンの分泌によって、妊娠の準備をしたり、生理がおとずれたりしています。

「卵巣」は沈黙の臓器

卵巣腫瘍は女性なら誰でも可能性のある病気な。しかも卵巣は、「沈黙の臓器」と呼ばれるくらい、何かしらの病変があっても症状が現れない臓器なの気が付いた時には病気の進行が進んでいることがあります。

卵巣は女性の健康のリズムを作る大切な臓器です。日ごろの注意深い観察が必要です。

スポンサーリンク

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)とは何でしょうか?

卵巣は、アーモンドの粒~親指の先ぐらいの大きさの臓器で、
右と左の両方に1個ずつあります。

卵巣は体のなかでもっとも腫瘍ができやすい臓器。
理由としては生命のもとになる卵子があり、
毎月細胞分裂しているため腫瘍になりやすいそうです。

卵巣腫瘍ですが、大きく分けて、

良性のことが多い「卵巣嚢腫」が、9割(腫れ)

悪性のことが多い「充実性腫瘍」は、1割  
「充実性腫瘍「」の代表例がいわゆる「卵巣がん」となります。

卵巣がんについては、こちらを参考にしてください。

■卵巣がんについて

スポンサーリンク

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)について

卵巣嚢腫は、卵巣の中に分泌液がたまって腫れてしまうことです。
嚢腫の種類について確認ください。

成熟嚢胞性奇形腫(せいじゅくのうほうせいきけいしゅ)

皮様嚢腫(ひようのうしゅ)とかデルモイドとも呼ばれる腫瘍

成熟期の女性に見られ、妊娠中に見つかることも多いようです。

成人の組織に似た多くの成分を含んでいることも特徴です。

中でも、表皮、毛髪、皮脂腺、汗腺などの皮膚に関連した成分が多く、
私たちの肉眼でも脂肪や毛髪などは確認することができます。

まれらしいですが、
不完全な胎児のような状態で見つかることもあるようです。

偽ムチン嚢腫(ぎむちんのうしゅ)

偽ムチン嚢腫はねばねばした液体がたまる嚢腫で、
更年期の女性にできることが多いようです。
これは人間の体にできる腫瘍のなかでもっとも大きくなるもので、
人の頭くらいの大きさになることもあるそう。
これだけ大きいので自覚症状がある腫瘍とのことです。

漿液性腺腫 ( しょうえきせいせんしゅ )

卵巣嚢腫のなかで頻度が高く代表的な卵巣腫瘍

水のようなさらさらした液が袋のにたまります。
10代から30代の若い女性に最も多く見られます。
80~90 %は片側の卵巣に発生します 。

出典:からだケアナビ
スポンサーリンク

卵巣腫瘍、チョコレート嚢腫、子宮内膜症の違いについて

卵巣腫瘍とは、

先にもお伝えした通り、卵巣腫瘍とは、卵巣に出来た腫瘍のことです。
大きく分けて 良性と悪性
良性の嚢腫とは、中身の殆どが液体(または液体様のもの)で占められ、
ブヨブヨしているものを嚢腫といいます。

子宮内膜症についての予備知識

子宮内膜症は、本来、子宮の内張りをしている子宮内膜が、子宮以外の場所で育ってしまったことを言います。
子宮内膜からは生理の時に出血します。

子宮以外の場所にある子宮内膜から出血した場合、
流れ出る場所があれば良いですが、流れ出る場所がない場合、
そこで貯まってしまいます。

これが、チョコレート嚢腫になります。
卵巣に子宮内膜症がある場合、行き場を失った血液が卵巣に貯まります。
この血液が古くなってドロドロになったものがチョコレート嚢腫です。

卵巣に出来た子宮内膜症の症状の一つがチョコレート嚢腫ということになります

チョコレート嚢腫(ちょこれーとのうしゅ)とは

卵巣の中に子宮内膜症ができて、それが産生する月経血が子宮のなかにたまって袋状になったもの。ちょうどチョコレートのように見えるので、「チョレート嚢腫」といいます。原因が子宮内膜症なので、卵巣嚢腫に含まれないようです。
このチョコレート嚢腫は、子宮内膜症なので、症状として、普通の卵巣嚢腫に見られないようなひどい生理痛がでたりすることが多くなります。また、治療も少し普通の卵巣嚢腫の治療とは違うため ひどい生理痛がある場合は、その旨担当医にご相談くださいね。

卵巣嚢腫の原因とは?

卵巣嚢腫の原因については、「原因不明」だとか、
「早期発見方法はない」との書かれております。

卵巣嚢腫もその原因は、卵巣嚢腫の原因は、不明ではありますが、

毎日の食生活や生活リズムを整えてホルモンバランスを保つことも1つです。

なぜ食生活が原因だというのか?

卵巣は、そもそもエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンを作る場所生理痛はそのホルモンバランスの崩壊から起こる痛みだそうです。

閉経前後の卵巣の機能が低下する更年期に入って、更年期障害に悩まされるのも、ホルモンバランスが崩れることが原因です。

生理痛も更年期障害も、女性ホルモンを生成している卵巣が関係している体の不調で、卵巣嚢腫も同じ「卵巣」という臓器が病変部の病気です。

卵巣嚢腫もホルモンバランスの崩れが引き起こす病気

なので

ホルモンバランスを保つためには、基本ですが、食べ物や生活習慣が大切になります。

スポンサーリンク

卵巣嚢腫の症状・自分でわかるチェック法

症状は、嚢腫がこぶし程に大きくなってから現れます。

  • 頻尿
  • 便秘
  • 腰痛
  • 腹痛(ちくちく痛い)
  • 背中の痛み
  • 下半身の膨らみ
  • 不正出血

これらの症状がある方は、産婦人科で相談ください。

嚢腫が周囲の膀胱や尿管を圧迫すると頻尿を起こしたりしますし、
また、腸が圧迫されれば便秘が起こります。
月経時以外の腰痛、腹痛も起こることもあります。
おなかがなんとなく膨らむ、不正出血がある、水っぽいおりものがある、
という症状が出る人もいるようです。

茎捻転はかなりの激痛があり、吐き気、出血を伴い、感染を伴えば発熱
嚢腫の根元がねじれた場合は緊急事態です。場合によってはショックで意識不明になってしまうこともあります。放置しておくと卵巣に血が行かなくなり、腐ってしまうので、すぐに緊急手術になってしまいます。

スポンサーリンク

卵巣嚢腫を調べるための方法

卵巣嚢腫かどうかを調べるには、一般的には、内診、触診、エコーなどで卵巣腫瘍の大きさ、性状を診て、血液検査、場合によってはCT、MRIなどで腫瘍が良性か悪性かをみます。

初期段階での自覚症状が少ないので、早く見つけるには定期検診が一番。

卵巣嚢腫は10代でもある病気、しかも悪性のこともありますので、生理がはじまったら、婦人科検診を恥ずかしがらずに受ける習慣をつけるとよいですね。

スポンサーリンク

まとめ

卵巣嚢腫についてまとめました。
症状がなかなか出ない臓器です。

定期検査にて卵巣もチェックしてもらうとよいですね。

また、卵巣腫瘍と診断されたら、
状況を正しく理解した上で医師と納得いくまでお話してください。

自分一人で話を聞けない場合は、家族に同行してもらうことをお勧めします。

腫瘍の大きさと位置、手術の必要性、手術した場合には腫瘍以外にどれくらい卵巣を取るのか、またその場合は将来の妊娠にどの程度影響するのか……等を確認するようにしましょう。また、手術を受けた場合は、 摘出した腫瘍の名前、腫瘍の再発の可能性

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました