スポンサーリンク

美肌になるために!腸活の方法と食事について!ストレスフリーと腸内フローラの関係

ストレス
この記事は約3分で読めます。

美肌と腸内環境のつながりってご存じですか?

実は、腸がきれいでないと、肌に悪影響がでます。

ストレスもその要因の一つ!
腸内がきれいになるために食事も見直してみませんか?

腸内フローラについて

腸内フローラって聞いたことはありますか?

私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、1,000種1,000兆個以上。
この細菌たちがバランスをとりながら腸内環境を良い状態にしています。

顕微鏡で腸の中を覗くと、お花畑(英語: flora )のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれてます。

『腸内フローラ』は健康に関わる役割

  • 消化できない食べ物を栄養物質へ作り変える
  • 腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌などから身体を守る

では、腸内細菌って知ってますか?

「腸内細菌」は、大きく3つに分類されます。

  • 善玉菌
    お腹の調子を整える菌 ( ビフィズス菌や乳酸菌のフェーカリス菌やアシドフィルス菌など )悪玉菌の侵入や繁殖も防ぐ

  • 悪玉菌
    腸内で有害物質を作る菌。脂質や動物性たんぱく質を好む
    便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることがある 

  • 日和見菌(ひよりみきん )
    善玉と悪玉のどちらにも属さない菌

「脳腸相関」を知っていますか?

こちらは予備情報として知っといてくださいね。

最近、メディアなどでも取り上げられるようになった言葉で

脳と腸が、自律神経やホルモンなどを通してお互いに密な関係であることを示した言葉。


緊張したとき、お腹が痛くなるのは、

ストレスを感じた脳が自律神経を通して腸に悪い影響を与えているから

ってご存じですか?

試験の日やイベントの日にお腹が痛くって遅刻するってことなかったですかね?

私は、今もよくあります。なので、ストレスと腸とも密接な関係があります。

食事について

腸内細菌のエサになる「食物繊維」なんです。

バランスのよい食事ってよく言いますが、わかりませんよね。

バランスの理想は

タンパク質:野菜:淡水化物→1:1:3

ですが、肉を食べたら、野菜は3倍の量を目指さないと食物繊維をとることはできません。

タンパク質も植物性のタンパク質を多く摂取しないと

動物性たんぱく質は悪玉菌になります。

カロリーだけではなく、

栄養も考えて、3回の食事を楽しむことも

チャレンジしてみてください。

食生活の見直し チャレンジ

その1主食・主菜・副菜をそろえる食事をするときは、栄養素のバランスを考え3つの要素をそろえてみる

  1.  主食(ご飯やパンや麺類)
  2.  主菜(肉や魚、卵や豆腐)
  3.  副菜(野菜、海藻、きのこ)

「定食+野菜」(主食・主菜・副菜)

「親子丼(主食・主菜)とサラダ(副菜)」

「サラダ(副菜)、焼き魚(主菜)、おにぎり(主食)」

その2:和食を多くしてみる

総合的バランスを考えて外食では和定食をとる。また、自分でも和食をメインに作ってみる。

最近のコンビニはお弁当だけではなく

調理済みのものがレンジだけで食べられるようになってますよね。

ダイエットにもつながりますので

一度、食生活の見直しも考えて、和食にこだわってみてくださいね。

■朝食の必要性についてはこちらを参考に

■美肌に効く朝ご飯と食生活の見直しはこちらを!

まとめ

美肌と腸活についてまとめました。

腸内がきれいだと美肌につながります。

食事内容も考え、美肌になっちゃいましょう!

以上、kintaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました